HOME>トピックス>ディーラーに依頼するか自分で手続きをするか選択できます

登録抹消が必要な理由

車の模型とお金

自動車は所有者の財産として車体番号が国に登録されており、乗らなくなった車を処分する際には登録抹消の手続きをして廃車にする必要があります。何故手続きが必要となるかと言いますと、課税対象となる事や犯罪に利用される危険がある事などが理由として挙げられます。廃車にする場合にはディーラーや中古車販売店、整備工場などに依頼して書類関係や自動車の解体を依頼するのが一般的です。この場合には費用が発生する訳ですが、ディーラーに依頼した場合などは代行手数料などの費用をトータルすると、2~3万円ほどが相場となっています。

自分で手続きする方法

駐車場

廃車にかかる費用を抑える方法としては、手続きを自分で行う事が最善策となりますが、自分では簡単には出来ないと考えている方も少なくありません。しかし登録抹消から車体のスクラップに至る廃車手続きは、実は誰でも簡単に少ない費用で行う事が可能です。書類上の手続きに関しては最寄の陸運支局に行き、印鑑証明や必要事項を記載した指定の用紙を提出し、ナンバーを返納するだけで済んでしまいます。ここでかかる費用は、印鑑証明の取得費用と収入印紙代と用紙代でトータルしても1000円以下となります。車体のスクラップに関しては買取業者に依頼するか、解体業者に持ち込みするなどすれば数千円から数万円程度のお金になる場合もあります。

広告募集中